エーヤワディー・チャウパヤー・メコン経済協力施策(MS)

エーヤワディー・チャウパヤー・メコン経済協力施策(MS)団は当初カンボジア、 ラオス、ミャンマー、タイの4カ国で設立され、その後のメンバーとしてベトナムが入った。2013年11月12日に行われた経済施策施行会談で発表された「バガン報告」経済協力施策で、観光産業に関する以下のことを定めた。

  • 5カ国間で観光産業施策を進めていくこと。
  • 5カ国間、及びその他の国々とも協力し、観光産業の発展に力を入れること。

以上の目標は、5カ国間の経済成長の差をより縮め、各国の豊富な観光資源を長年保護する習慣を育成することである。さらに、その観光資源からの利益アップだけでは なく、アセアンをより発展させるため相互に協力し、より団結することである。