アセアン・日本本部

アセアン・日本本部は1981年5月15日に日本の東京で創設された。ミャンマーは2006年にアセアン・日本-貿易、投資、観光推進本部(ASEAN Promotion Centre on Trade, Investment and Tourism – APC)のメンバーとなった。

日本や各国のメンバーは毎年資金を投入し、その資金はアセアン各国の貿易、投資や観光産業を盛んにするために利用することができる。

ミャンマーと同本部の観光産業に関する協働は以下のとおりである。

  • 日本の代表者の現地調査(2014年)
  • アセアン観光若者交流プログラム(2014年)
  • カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイの社会的観光産業ワークショップ(2015年、東京)
  • 社会的観光産業の発展とその水準を高める会議(2015年、ベトナム)
  • アジア観光産業リーダーによる第一回アセアンフォーラム(2015年、東京)