Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar

カチン州

カチン州はミャンマーの最北端の州であり、最も美しい州の一つでもあり、世界の屋根、ヒマラヤ山脈の東部の地域にあります。カチンにある美しい山、谷、湖などは、絵画のような風景を提供し、山を愛する人にとっては確かにパラダイスでしょう。ミャンマー最高峰のカカボラジ山(Mt. Hkakabo Razi) (標高5,882m)もカチン州にあります。東南アジア最大の内陸湖、インドジー湖もカチン州に位置しています。カチン州の中心地はミッチーナー(Myitkyina)市、その他にバーモ(Bhamo)、モーニイン(Mohnyin)、プタオ(Putao)という重要な町があります。カチン州には、ミャンマーで最も重要な川、エーヤーワディ川の水源がある場所です。雪に覆われた山々、大河両岸の緑豊かな農地は、まるで絵葉書のような美しい風景として訪れる人の心に残ります。カチン州は、ヒスイと金の産出量が多いことでも有名です。エーヤーワディ川の両岸で、金を求めて砂利の中から金を取り出す人々の姿がよく見られます。

 

鮮やかな民族衣装の部族と田園風景が合わさった美しい景色をお楽しみください。

素晴らしい景観

最北端の州、カチン州は、大自然と素晴らしい景色が観光客を出迎えてくれます。ミャンマーで最も重要な川、エーヤーワディ川の水源のある場所です。ミッチーナ(Myitkyina)から45km北へ行くと、マイカ(Maykha)川とマリカ(Malika)川が合流しエーヤーワディ川となる場所、ミッソン(Myitsone)があります。澄んだ水と涼しい気候が訪れる人を喜ばせます。エーヤーワディ川の広大な川岸は肥沃な土地で農業に適しており、一面緑豊かな農地はここの典型的な風景です。カチン州にはミャンマー最大の湖であるインドージー湖(Indawgyi Lake)があり、自然愛好家の旅行者にとって、人里離れた魅力的な場所です。ここで、釣り、カヤック、トレッキング、サイクリングなど、手つかずの自然の中で様々なアクティビティを楽しむことができます。

雪に覆われた山々

カチン州は、壮大なヒマラヤ山脈東部にあるミャンマー唯一の州です。雪に覆われた山々は、無数にある大小の川、湖、そして動植物などの源流地・故郷です。避暑地を求めている方は、山に囲まれたカチン州の町々に向かってはいかがでしょうか。カチン州には、東南アジアの最高峰、標高5,882mのカカボラジ山 (Mt. Khakabo Razi) があります。この山は、ミャンマー最北端の山岳地帯にある、カカボラジ国立公園内に位置しています。この山岳公園一帯には、常緑広葉樹と半落葉樹の暖温帯雨林から、亜寒帯の針葉樹林までの森林が広がり、山を愛する人への褒美となるでしょう。

面白情報・町々

カチン州には、それぞれの特徴を持つ異なる町々があります。ミッチーナ(Myitkyina)はカチン州の州都で、ビジネスの中心地でもあり、賑わいをみせています。気候が涼しく、綺麗なミッチーナの町は、カチン地方の風光明媚な美しさを楽しむのに最適です。州の北に位置するプタオ(Putao)は、多くの種類の野鳥と珍しい野生の蘭があることでも有名です。プータオの東部と西部の森では、黒蘭(コクラン)が咲き乱れ、美しき東ヒマラヤ山脈・森林・渓流の調和した景色を見るのにうってつけの場所です。

 

素晴らしい景観

最北端の州、カチン州は、大自然と素晴らしい景色が観光客を出迎えてくれます。ミャンマーで最も重要な川、エーヤーワディ川の水源のある場所です。ミッチーナ(Myitkyina)から45km北へ行くと、マイカ(Maykha)川とマリカ(Malika)川が合流しエーヤーワディ川となる場所、ミッソン(Myitsone)があります。澄んだ水と涼しい気候が訪れる人を喜ばせます。エーヤーワディ川の広大な川岸は肥沃な土地で農業に適しており、一面緑豊かな農地はここの典型的な風景です。カチン州にはミャンマー最大の湖であるインドージー湖(Indawgyi Lake)があり、自然愛好家の旅行者にとって、人里離れた魅力的な場所です。ここで、釣り、カヤック、トレッキング、サイクリングなど、手つかずの自然の中で様々なアクティビティを楽しむことができます。

雪に覆われた山々

カチン州は、壮大なヒマラヤ山脈東部にあるミャンマー唯一の州です。雪に覆われた山々は、無数にある大小の川、湖、そして動植物などの源流地・故郷です。避暑地を求めている方は、山に囲まれたカチン州の町々に向かってはいかがでしょうか。カチン州には、東南アジアの最高峰、標高5,882mのカカボラジ山 (Mt. Khakabo Razi) があります。この山は、ミャンマー最北端の山岳地帯にある、カカボラジ国立公園内に位置しています。この山岳公園一帯には、常緑広葉樹と半落葉樹の暖温帯雨林から、亜寒帯の針葉樹林までの森林が広がり、山を愛する人への褒美となるでしょう。

面白情報・町々

カチン州には、それぞれの特徴を持つ異なる町々があります。ミッチーナ(Myitkyina)はカチン州の州都で、ビジネスの中心地でもあり、賑わいをみせています。気候が涼しく、綺麗なミッチーナの町は、カチン地方の風光明媚な美しさを楽しむのに最適です。州の北に位置するプタオ(Putao)は、多くの種類の野鳥と珍しい野生の蘭があることでも有名です。プータオの東部と西部の森では、黒蘭(コクラン)が咲き乱れ、美しき東ヒマラヤ山脈・森林・渓流の調和した景色を見るのにうってつけの場所です。

 

人気の場所

ミッチーナはカチン州の中心地であり、文化・宗教・民族の多様性があり、またエーヤーワディ川の岸辺にある町として魅力たっぷりの場所です。ミッチーナから車で数時間少し走ると、東南アジア最大の内陸湖であるインドージー湖(Indawgyi Lake)を訪れることができます。またエーヤーワディ川の源流となる場所、ミッソン(Myitsone)では、美しい川沿いのマーケット市が定期的に開かれています。川岸には、大きな立像と寝仏もあります。

ミッソンは、ミッチーナから北へ45キロの場所にあります。マイカ(Maykha)川とマリカ(Malika)川が合流し、エーヤーワディ川の源流点となる風光明媚な所です。約1時間ほどの道中では、ミャンマーならではの美しい景色を楽しめます。

 

東南アジア最大の内陸湖であるインドージー湖は、カチン州のモーニン郡(Mohnyin Township)にあります。

湖の大きさは、東西13 km、南北24 kmです。湖の周りには野生生物保護区があり、多種多様な珍しい哺乳類や鳥類が生息しています。

雪に覆われた山々を眺めること愛する人は、東ヒマラヤ山脈の裾に囲まれたユニークな町、プタオを訪問してみてはいかがでしょうか。気候は一年を通して涼しく、多くの少数民族が心暖かく、訪れる人を迎えてくれます。ここでは、多くの希少な動植物を見ることができます。

シュエ・ミツ・パゴダは、インドージー湖の西岸にある魅惑的なパゴダです。パゴダにはテラスがあり、それぞれに石像が飾られています。

カチン州には、カチン族(ジンポーJingpaw族)の人々が暮らしていますが、そのカチン族の中でも、多くの支族とサブ・グループとに細かく分かれているのが特徴です。多くは、国境の中国側とインド側に住み、ジンポー語を話し、山の斜面を利用した焼畑農業を営んでいます。

祭り

マノー(Manaw)祭り

この祭りは、毎年1月の第1週に行われ、世界中のカチン族を惹きつけます。期間中に行われるマノー踊りは、ナッ信仰を起源とする踊りです。

インドージー・シュエ・ミツ(Indawgyi Shwe Myitzu)パゴダ祭り

毎年3月に8日間開催され、インドージー湖のほとりで行われます。祭りの前になると湖のほとりに幾つかの砂浜が現れ、巡礼者がパゴダにたどり着きやすくなります。地元の人々は、砂浜のうちの一つは人間のためにあり、あとの砂浜は精霊たちがパゴダを訪れるために使うと信じています。

 

タディンジュ(Thadingyut)光の祭り

タディンジュの祭りは、釈迦が天上で説教した後、地上に戻ったことを記念して、10月の満月の頃に、全国各地で3日間祝われます。人々は家の周りを、ろうそくと色付きのランタンで飾ります。光の祭りは、断食の終わりを告げます。