Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar  Myanmar

マグウェ管区

マグウェ管区の首都はマグウェ市です。この地域では、4,000万年以上前の霊長類の化石が発掘され、政府の文化遺産となっています。ユネスコ世界遺産に登録されているピュー古代都市群の1つがマグウェにあります。エーヤーワディ川の近くに住んでいる人々は、川を主な交通手段として使用し、川から離れて住んでいる人々は、道路を主要な交通手段として使用します。マグウェは、美しい自然と貴重な遺産に満ちた地域です。珍しい建築物や彫刻作品が見られる宗教的な場所を訪ねることで、ミャンマーとその主な宗教である仏教について、楽しく知ることができます。

民族と言語

マグウェイ管区の人々は、主にビルマ(Bamar)系の人々に、チン(Chin)族、ラカイン(Rakhine)族、シャン(Shan)族、カレン(Karen)族のような他の民族グループが伴います。地元の人々はミャンマー語(ビルマ語)を話し、仏教、キリスト教、イスラム教を信仰しています。

 

地理

マグウェイ管区は、サガイン(Sagaing)管区、マンダレー(Mandalay)管区、バゴー(Bago)管区、ラカイ(Rakhine)州、チン(Chin)州に隣接しています。この地域の広さは、44,820平方キロで気候は、熱帯地方の雨季と乾季に分かれています。

 

面白情報

マグウェイ管区の交通システムは道路です。この地域は、ゴマやナッツなど様々なものを生産していることでも有名です。国内最大の石油およびガスの産出地でもあります。

この素晴らしい地方を旅して感動しよう。

重要な仏教文化

マグウェイは、巡礼者や仏教徒の宗教的儀式において重要な役割を果たしています。多くのパゴダと僧院がこの地域に点在しており、マグウェイが国内で最も有名な宗教的な場所の1つであることを証明しています。僧侶は、この地域で特別に尊敬されており、幸福と健康を心から願う信者から寄付を受け取ります。マグウェイの僧院はすべて、仏教徒の信仰心を表すかように丁寧に建てられています。パゴダへお祝いを捧げるフェスティバルもあります。何千人もの観光客や地元の人々がこれらの神聖なパゴダに集まり、供物やオイルランプを寄付し祈りを捧げます。

美しい野生生物保護区

マグウェイには、何千人もの来訪者を引き付ける2つの大きな野生生物保護区があります。保護区には、エキゾチックで珍しい動植物が生息しています。観光客は自然のままでいるこの野生動植物を間近に見るためにやってくるのです。2つの保護区は、車でアクセスでき、互いに近い所にあります。保護区では、自然や野生動植物の生体を学習体験することができ、保護区は、自然や野生動物を愛する子供や個人に、素晴らしい学習体験を提供するため、家族で訪れるのに理想的です。保護区の風景は絵のように美しく、落ち葉に囲まれた湖があり、写真家にとって人気のスポットです。また、希少な鳥種、ビルマ・ホシガメ、ゴールデン鹿など、保護対象にしていされている様々な動植物を見ることができるのです。

教育観光の取り組み

ミャンマー政府は、地域が運営する観光活動とは別の方法で機能する地域主導型の観光(CBT)制度を開始しました。CBTは、地域の伝統と遺産、およびその自然環境の保護と認識に広く貢献しています。この制度により、観光客は地元の人々と交流し、農村地域では彼らの生活を見学することができます。また、村の周辺をサイクリングしたり、地元の人とおやつを作ったり、田植えや栽培について学ぶことができます。地元の人々にとっては、ミャンマー以外の世界とふれあうことができ、観光客にとっても、この地域のエキゾチックな少数民族やその伝統についてより多くを学ぶことができます。このように、交流は現地の人々と観光客の双方に利益をもたらすのです。

重要な仏教文化

マグウェイは、巡礼者や仏教徒の宗教的儀式において重要な役割を果たしています。多くのパゴダと僧院がこの地域に点在しており、マグウェイが国内で最も有名な宗教的な場所の1つであることを証明しています。僧侶は、この地域で特別に尊敬されており、幸福と健康を心から願う信者から寄付を受け取ります。マグウェイの僧院はすべて、仏教徒の信仰心を表すかように丁寧に建てられています。パゴダへお祝いを捧げるフェスティバルもあります。何千人もの観光客や地元の人々がこれらの神聖なパゴダに集まり、供物やオイルランプを寄付し祈りを捧げます。

美しい野生生物保護区

マグウェイには、何千人もの来訪者を引き付ける2つの大きな野生生物保護区があります。保護区には、エキゾチックで珍しい動植物が生息しています。観光客は自然のままでいるこの野生動植物を間近に見るためにやってくるのです。2つの保護区は、車でアクセスでき、互いに近い所にあります。保護区では、自然や野生動植物の生体を学習体験することができ、保護区は、自然や野生動物を愛する子供や個人に、素晴らしい学習体験を提供するため、家族で訪れるのに理想的です。保護区の風景は絵のように美しく、落ち葉に囲まれた湖があり、写真家にとって人気のスポットです。また、希少な鳥種、ビルマ・ホシガメ、ゴールデン鹿など、保護対象にしていされている様々な動植物を見ることができるのです。

教育観光の取り組み

ミャンマー政府は、地域が運営する観光活動とは別の方法で機能する地域主導型の観光(CBT)制度を開始しました。CBTは、地域の伝統と遺産、およびその自然環境の保護と認識に広く貢献しています。この制度により、観光客は地元の人々と交流し、農村地域では彼らの生活を見学することができます。また、村の周辺をサイクリングしたり、地元の人とおやつを作ったり、田植えや栽培について学ぶことができます。地元の人々にとっては、ミャンマー以外の世界とふれあうことができ、観光客にとっても、この地域のエキゾチックな少数民族やその伝統についてより多くを学ぶことができます。このように、交流は現地の人々と観光客の双方に利益をもたらすのです。

気の場所

このパゴダはマグウェイの象徴です。エーヤーワディ川の切り立った断崖に位置するこのパゴダは、釈迦と重要なつながりを持っています。釈迦は、この地域を訪れたときに安らかに眠りについたと言われることから、パゴダは釈迦の安息の地になったと言われています。パゴダの複雑で美しいデザインに畏敬の念を抱くことでしょう。

ミャタールン・パゴダ(Myathalun Pagoda)の真向かいに位置するナガプウェク山は、マグウェイ管区では地理的に珍しい場所です。何世代にもわたり、地元の人々の間に伝えられてきた興味深い伝説があります。そして今でも、人々は竜が山に住んでいると信じています。溶岩にできる泥の泡は、竜が呼吸をしているからだと。ナガプウェク山へは車でアクセスできます。

“セッターヤ(Settawya)”としても知られる二つのパゴダは、釈迦の足跡がある場所として有名です。仏陀がArahat Sicea VandaとNaga Namandaに出会い、足跡を残して上げた後、足跡は、それぞれ丘の上と川の岸辺に置かれたということです。これらのパゴダは森に囲まれ、遺跡と自然のユニークな組み合わせを作り出しています。

キャン・トウ・ヤール(白檀)僧院は、プウィンビュー(Pwintbyu)郡のレギング(Legging)村にあります。釈迦は500人の阿羅漢(仏教の聖者)と共にこの僧院に行き、弟子たちに説教をしたという謂れがあります。ミャンマー仏教時代の1604年、アラウン・シードゥー王(King Alaungsithu)が国を旅行していたときにこの僧院のそばにキャン・トウ・ヤール パゴダを建てました。近くからでも遠くからでも、パゴダは壮大に見えます。

この壮大な木造建築物は、245本もの柱があり、高さは30メートル、面積1,240平方メートルもあり、世界中からの来訪者が僧院の複雑な彫刻と造りに魅せられるのです。1868年にサリン(Salin)に建てられたこの僧院は、マグウェイにある多くの美しいデザインの仏教建築の中の1つです。

この墓地には、イギリス軍とミャンマー兵士との興味深い歴史があります。1886年、アトキンソン少佐(Major Atkinson)は、イギリス軍を率いてミャンマーの愛国兵士と戦いました。戦いは4日間続き、アトキンソン少佐を含む150人のイギリス兵が死亡しました。この墓地には、イギリス兵の19の墓石があります。              

この古代都市は、2014年ユネスコによって世界遺産に登録されたピュー古代遺跡群の3つの都市のうちの1つです。40年にわたる発掘調査で、ベイクタノで50を超える塚を発掘しました。都市の場所と宮殿は手付かずのまま発見され、現状のまま保護されています。この古代都市全体は900ヘクタールで、マグウェイから64キロの場所にあります。

このメモリアルは、イギリス軍によってミャンマーの労働収容所に連れて来られたオスマン帝国の兵士が眠る墓地です。第一次世界大戦中に、オスマン軍の12,000人を超える兵士が、イギリス軍の捕虜になりました。彼らは鉄道や橋の建設、人工湖の建設に尽力しました。しかし過労と病気により、約1,600人の兵士が死亡したのです。

昔、ミャンマーの若い技術者たちは、外国人技術者(フランス人とイタリア人)と協力してミン・フラ要塞を建設しました。建設は1860-1861年に、カナウン皇太子(Crown Prince Kanaung)の指揮のもと、コモト・ペリー(Comoto Peree)とモール・ノリエ(Mole Norie)が主導しました。頑丈な要塞は、長さ62メートル、幅57メートル、高さ9メートルです。エーヤーワディ川の西岸に位置し、車でアクセスできます。

この要塞も、ミン・フラ要塞を建設した技術者と同じグループによって、1860-1863年に建てられました。

ミン・フラ要塞の対角線状に位置しているので、1日で両方の要塞を訪れることができます。兵士が要塞の内側から射撃できるように、壁には150個の穴が開けられています。兵舎、オフィス・クォーター、部屋、そして戦闘で使用する象を飼育するためのトンネル部屋があります。

この僧院は、エーヤーワディ川の近くにある文化遺産です。美しい木彫りで有名な僧院の姿は、遠くからでも壮観に映えます。僧院に施されたきめ細やかな彫刻ザインは、旅行者や地元の人々によって高く評価され、僧院をマグウェイ地域の必見の場所として有名にしています。僧院は、コンバウン王朝(Kongbaung Dynasty)時代の有名な劇作家ポンニャ(Ponnya)の故郷であるサレー(Salay)にあります。

車で簡単にアクセスできる野生生物保護区は、家族で楽しむことができる素晴らしい所です。広大な保護区(面積553km²)には、希少な鳥類、ビルマ・ホシガメ、ゴールデン鹿など、多くの動植物が生息しています。2つのセクション(乾燥の森と、湿潤の森)に分かれており、他にはない森林体験をエンジョイできます。

この場所は、シュエセッター(Shwesettaw) 野生生物保護区からそう遠くありません。サリン郡(Salin Township)に位置し、エーヤワディ川の近くにある広い湖(162ヘクタール)の保護区はでは、美しい景色を楽しむことができます。湿地帯の周囲でも、落葉樹林の落ち葉で飾られており、趣のある風景を楽しめます。

巡礼者は、この場所で祈りと瞑想を行うためにやってきます。パゴダには何世紀も前の仏像が安置されています。この貴重な仏像は、香木で作られています。丈夫なガラスケースの中に金のカップで安全に保管されています。信者は宝飾品や指輪を寄付し、その寄付金は金のワイヤーでカップに掛けられます。

パゴダ全体が完成するまでに何年もかかり、さまざまな人々の貢献によって、他にはないユニークなデザインのパゴダとなりました。アラウン・シードゥー王(King Alaungsithu)は、この場所にパゴダを建てましたが、時間とともにそれが劣化していきました。信者達は、パゴダを修復し、それに加え祈祷のホールを建て、他の部屋を追加し、パゴダの周りに複数の建物を建てました。信者の寄付があったからこそ、訪れる者は今日もシュエグー・パゴダを見ることができるのです。

 

祭り

マン・シュエセッター・パゴダ祭り

この祭りは、ミャンマー北部地方に住む人々にとって大きな意味を持っています。各地から、人々は拝むためにパゴダに集まります。2月中旬から4月中旬頃は、祭りを祝うために多くの観光客や地元の人たちが集まるので、町は一年で最も賑やかな時期となります。

ミャタールン・パゴダ 祭り

祭りは、ミャタールン・パゴダで行われます。信者と地元の人々は僧侶に栄養価の高い食べ物を渡します。またパゴダに置かれるオイル・ランプを寄付します。夜になると、火の灯ったランプの光がパゴダを包み、美しい映えたパゴダの姿が楽しめます。

ティンジャン新年の水祭り

4月中旬に祝われるこの仏教の祭典は、地元の人々にも非常に愛されています。新年を迎えるために、全国各地の人々はこの祭りを祝います。皆はお互いに水をかけ合い、自分の体と心にある悪と負を清め合うのです。

その後、家族や友人と願い事と祝福を交わすのです。